夫のリモートワークについて〜移住を会社から反対される!?〜

仕事
ホーム » 移住全般 » 仕事 » 夫のリモートワークについて〜移住を会社から反対される!?〜
a

今回移住の大きなきっかけとなったのは、夫の仕事が完全リモートワークになったこと。

昨年の3月頃から、ずっと家で仕事をしています。息子の部屋の一画(多分1畳ぐらい)に仕事机・椅子・PCモニターを買い、朝から晩まで引き篭もっています。

私は、外で働いていて毎日18時半前後に帰宅しますが打ち合わせをしている真っ最中率が高くて、とても気を使います…。

帰ってきた時の物音がうるさいとよく言われる・・・。

夫の職業はIT系

夫はIT企業で、コンサルティング業をやらせていただいています。

今の会社は中途入社で5年目になります。

リモートワークの話に戻りますが、会社が生涯リモートワークと言っていても現実はリモートワークができるか否かはプロジェクト次第です。

現在のプロジェクトでは、完全リモートワークが実現できています。

たまたまコロナと重なっただけで、長女が一年生になるから家に居てあげたいという理由で現在のプロジェクトへ異動してきました。

それはリモートワークができる環境のプロジェクトだったからです。

元々、客先に席もなくリモート前提のプロジェクトだったんです。

とはいっても娘は学童に通っていますし、帰りも学童の下校班で帰りますので、そこまで1人の時間が長い訳ではありませんでした。

それでも私の帰りが遅くなれば寂しそうにしていたので、夫が家にいてくれて助かりました。

リモートワークは終わる可能性もある

現在のプロジェクトはリモート前提とはいえ、コロナ収束後の社会情勢なんて分からないものです。

ワクチン接種も進んできている事もあり、リモートワークの解除がある可能性も頭には入れておかないといけません。

現在のプロジェクトだって定期的には出社する可能性は高いです。

何より、いつまでリモート前提の仕事を「選べる」立場でいられるのかも分かりません。

東京へ出やすい田舎として御代田を選んだ

新幹線で東京へ出やすい場所を選ぶ必要がありました。

御代田町からは新幹線が停まる軽井沢駅と佐久平駅が車だと15〜20分程度。

軽井沢駅までは、電車でも時間さえ気をつければ15分程で行けます。

そこから東京までは約1時間半程で行けるので、たまになら通えるという判断をしました。

長野県で新幹線が停車する駅

・軽井沢

・佐久平

・上田

・長野

・飯山

北陸新幹線の停車駅です。

この駅のどれかにすれば便利なのでは?という声も聞こえてきそうですが、今回は「行ったことがない。」という理由だけで上田以降は除外してしまいました。

ししりん
ししりん

我ながら、何てテキトーな理由・・・呆

軽井沢エリアでの土地選びについては、リサーチした上で追々ブログで書いていきたいと思います!

東京都下から都心までの所要時間は約90分(※我が家の場合)

我が家の現在の住まいは、駅から徒歩25分程と遠い事もあり、トータルで片道1時間半程度かかります。

もし駅近の家でしたら、新宿までは1時間かからないです。

勤務先が品川エリアなので、もう少しかかってしまうんですよね。

そうなると、御代田から東京へ出るまでと大きな差はありません。

ただ交通費は大きく違いますし、新幹線のチケットや席予約等の手間はあるかもしれません。

移住に対して会社の反応は厳しかった

手放しで「いいね!」と喜んでくれる人はいませんでした。

そりゃそうですよね。いきなりぶっ飛んだ選択だなと我ながら思います。

「今動くのが正解なのか?」「クビになってもいいという覚悟はあるのか?」

主にそのような反対理由でした。

我が家は今回のタイミングを逃せば、次はきっと長男が高校又は大学を卒業してからの数年先。

その頃長女の年齢は中学生?うーん、難しい時期。

それこそ、社会情勢変わっていて身動きが取れなくなりそうだなと…。

クビになる覚悟に関しては、妻である私は考えていませんでした。(楽観的すぎ?)

結局、東京へ行く機会が増えた時に新幹線代というコストが在来線のみの人材よりも多く掛かります。

同じようなスキルだった場合にどちらの人材を選ぶのか聞かれたら、夫は「要らない」と言われる可能性がある。

その覚悟はあるのかと。

いざとなったら自腹でも単身赴任するつもりだと答えたそうです。(それはそれで困る)

一生リモートワーク宣言したじゃん???と短絡的な私は思ってしまいましたが現実はそこまで甘くはないようです。

夫が出した結論は「努力」して「人生を楽しむこと」

「要らない」と言われるような人材にならないよう努力しよう!

ということで、まとまりました。

実際は、今すぐクビだとかそんな話ではなく「覚悟」や「責任」を問いたかったのだと思います。

地方移住で困ったとしても全て自己責任ですもんね。

賛否両論あると思いますが、今フルリモートが出来ている職種の人は出来ているのだから、今後わざわざ出社する方式に戻す必要はないと思っています。(※個人的意見です)

なので、今後は定期的な出社はあるとしても原則リモートでやっていけると思います。

異動のタイミングがあった時に自分がリモートワークのプロジェクトを「選ぶ」ことができる人材でいれるよう頑張ろうと決心したようです。

一度きりの人生なので、「あの時移住していればよかった」と思うよりも、行動して人生を楽しむことにしました!その為には、お金を稼ぐ事も必要不可欠なので必死にしがみつく覚悟です。

充実したリモートワークが出来るよう、これからまずは家の間取りを詰めていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました